看護師の求人情報

不動産売却をしているスペースの過去

不動産売却をしているスペースの過去

不動産売却するときには、たいてい不動産業者を介して販売していることが多いです。近くにあった家で敷地面積が一般戸建ての2倍ぐらいある家がありましたが、そこでは何度か建物や土地を変えています。

 

どう変わったのかというと当初は昔の古屋みたいな家が建っていましたが、それが大手ハウスメーカーが建てそうな家とガレージとその下に倉庫のスペースに変わりました。そのガレージでは息子が自転車屋を始め、その下の倉庫のスペースは貸し出していたところ、入居する企業があって部品を取り扱う人たちが2〜3人ぐらい出勤するようになりました。
こちらにアクセス!マンション 売却でした。

 

結局のところ、自転車屋が流行らず、部品の取扱いのほうも事業が拡がらず、両方とも倒産しました。そうしてから、ガレージとその倉庫のスペースをクレーンで潰して、更地になりました。その更地を現在もまだなお不動産業者が仲介して売りに出している最中です。いまだに売れていないようで、ずっと売れ残るのかもしれません。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ